立ち退きの続き!!最高の選択をするには?

お待たせしました(?)

その後、立ち退きに関して、結果的にどうなったの?

と言う話ですが、

  • 自分たちで今住んでいる家とまるで同じ要望を出すことと(その要望を妥協しないこと)
  • 家の情報を多く持ってこさせること
  • D建託の営業に家探しは任せよう。

ということを、前回のブログでは話をしていきました。

要望を伝え終わった後、どのようにお話は進んでいくのでしょうか??

今日は、要望のあと、どのように話が進んだのかを書いていきます。

そして、いよいよ実際に持ってきた情報の家を見に行こう!

実際に家を見に行くときどんなところに注意したらいいのか

と言ったことも、記載していこうと思うので、動き方の参考にしてみてください。

物件を見に行く際の流れはこんな感じでした↓↓

  1. 土地の情報をD建託側が電話で伝えてきました。

最初に、D建託側が家の情報として、

「こんな家がありますよ。どうですか?」といった具合に電話で紹介をしてきました。

具体的な内容としては、

  • 家の場所
  • 家賃
  • 間取り
  • 大きさと庭の有る無し
  • その家のオーナーさんの特徴

その電話の中で、紹介された家をいつ見に行くのかを決めます。

電話時に、2件要望に合っている家を見つけたので見に行きませんか?ということでした。

確認ですが、私どもの要望は主に4点です。

  1. 海から車で5分圏内の場所
  2. 今住んでいる町の中で建っている家
  3. 家賃は前の家と変わらず33,000円
  4. 前の家と同じく、一軒家で庭が広いこと

以上の要望に合った家を見つけてきたわけです。(意外と簡単に見つけてきました。)

ということで、日程を合わせて実際に見学に行きましたが、、、。

片方の家は、7LDKくらいの大きな家で、中の状態も意外と綺麗でした。

しかし、家賃が希望の家賃よりとても高い。。。

と言う物件でした。

もう一個の家は、1LDKの家で、

今現在自分たちが住んでいる家より小さい家でした。

家賃は、今現在の家賃以下で良い物件です。

見に行ってきた後、家で妻と家族会議、、、。

結果、二軒ともお断りしました。

ここで大事なのは、いいなと思っても絶対に焦って決め切らないことです( `ー´)ノ

少しでも希望と違うようであれば、きっぱりとお断りをしましょう。

後述の物件は、家賃もこれまでの家よりも安く、

部屋の間取りも割と希望通りで、

場所自体も住んでいた家から近かったので、場所も希望をクリアしていたかなと思います。

ただ、庭が近隣の家の庭と直接繋がっており、

さらに家の外にある倉庫がボロボロの状態(ちなみに、見学をした一ヶ月後の台風で全壊していた。)

駐車場スペースも一台しか停めることができなかったので、

お断りをしました。

今思うと、ここで焦って決めなくて本当によかったなあ、と思います!!

実は、ここで決めてしまっては、相手側の思うつぼでした!

というのも、立ち退きにかかわる費用や迷惑料など、決めるタイミングを遅らせれば、確実に上がるからです!

決めるタイミングが遅すぎるのも、よくない結果になってしまいますが、

これは本当に駆け引きみたいなものなので、

焦ってその場で決めてしまうと後々後悔することになるかと思います。

私たちの場合、当初の立ち退きの際の迷惑料は、20万円でしたが、

最終的には40万円に上がりました。

ですので、一軒二軒見ただけで決めないようにしましょう。

立ち退き自体、律で最低立ち退きしなければいけない日程の6か月前までに、

借主に対して通知をしなければいけないものになっているので、

焦って家を決めて立ち退きを行なう必要はありません。

私たちの場合、

営業が一か月以内に立ち退いてほしいという完全なムチャを言ってきましたが、

そんなこと無理なので、気にしなくて大丈夫です!!

むしろ、立ち退きが決まらずに焦るのは向こう側の人間なので、

じっくりと次に住む家を、後悔しないように決めましょう。

だって、こっちが迷惑してるのにホイホイと決めるのも嫌じゃないですか!”(-“”-)”

まとめ

と言うことで、今日は要望を伝えた後、

営業が紹介してきた物件を見にいき、検討するまでをお話ししました。

もし、あなたの担当の営業が早く決めるように煽ってきても、

希望している物件が違うと言って、はっきりと断っていきましょう。

立ち退き料も上がるし、良い物件もちゃんとでてくるはずです。

物件は、諦めずに続けていくことが肝心です。

ですが、物件をちゃんと選ぶようであれば、必ず前日に、

自分たちが譲れない部分は何なのか

と言うことをしっかりと確認をして、物件見学に臨みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする