宮崎県・おススメサーフポイント!!(^^)!と、良いサーフスポットの探し方!

今日からまさかの3連休なので、

今日は川南町のサーフショップ『101 SURF SHACK』の店長今井さんと、

いつも伊倉浜でキレキレのサーフィンを見せてくれるグーフィーフッターのタカヒロさんと三人で、サーフィンに行ってきました。

エアーも華麗に決めてるし!
大会中の今井パイセン。飛んでます。

前回の投稿でもサーフスポットについて少し触れましたが、

今日はまた、別の場所へ。

ちなみに、そこは入る人も少ないので、混雑知らず。

本当は教えたくないけど、、、

良いサーフスポット、教えますよ!!(;´・ω・)

ということで、今日は今井さん案内の元、

宮崎県の川南町から車で約1時間弱のポイントへ行ってきました!^ ^

冬の時期で、海が引いているとき波が良いみたいです。

ここのポイントは、人も少なく、混雑知らずですが、

意外にも穴場のサーフスポットとして有名?な場所です。

宮崎県って、波は良いのに人は少なくて、

乗り放題というような場所が他にもたくさんあります。

車をちょっと走らせるだけで、いろんなポイントがあるのはとても魅力的ですよね??

ちなみに、ここのポイントは、ホレた波でがっつり割れるので、

ショートボードにはぴったりの波だと思います!!(^^)!

どうやって、サーフスポットを見つけるのか

という疑問があると思います。

その疑問について、少し考えてみました。

どうやって良いポイント・波を見つけるの?オススメの方法は?

ということで、

私がどうやって良いポイントを見つけているのか、ということを

まとめていこうと思います。

正直に言うと、

見つけていると言うより情報が自動で入っているといったところでしょうか。

①ポイントに詳しい人に連れて行ってもらう

ベタですが、これが一番高い確率で良い波に出会えると思います。

当然、波に関しては地元の人の方が、ビジターよりも詳しいです。

その人たちと仲良くなって、色々なポイントを教えてもらうのが

良い波に出会う近道だと思います。

また、ポイントによって厳しいところではローカルルールもありますし、

どうなったらもっと波が良くなるのかとか、

このあと潮が引いてくる/上げてくることで

海が『このあとどうなっていくのか』ということを知ることができるからです。

今現在見ている海が全く割れてなくても、実はこのあと引いてくると

めちゃめちゃ波が良くなるってことがあるかもしれません。

②そのポイントがどんな時に波がいいのかを覚える。

これも、とても大事です。

そのポイントが、どんな風向き・ウネリの向き・大きさ・潮回りの時に、

波がいいのかを知ることも非常に大事です。

例えば、私の住んでいる近くのビーチは、

東ウネリ・西の風・大潮の日・干潮→満潮に向かう時間帯での、満潮寄りの時間

は、波が良い確率がとても高いです。

波の良し悪しは、地形にもよりますが、

以上のことを参考にして、サーフィンする場所を選んだりもします。

③ポイントごとに、どんな特徴があるのかを見極める。

そのポイントが、どんな波なのかを把握するのも大切です。

例えば、タルい波のポイントに、細くて薄いパキパキの板を持って行っても、

乗れないことは目に見えています。

なので、そのようなポイントにはボリュームのある板で、テイクオフの早い板が

必要になってきます。

そのポイントごとにどんな波なのかを見極めて、

どのような板を使うのか、ということも大事です。

まとめ

今回は、ざっくりとどんな感じでサーフスポットを見つけているのかということと、

波を見つけて良い波に乗るのか

ということについてまとめてみました。

一番大事なことは、海でもみんなとフレンドリーに接することで、

知り合いの和を広げて、情報が入ってくる門を広げることだと思っています。

今回入水したポイントは、この日は波が小さかったですが、

もう少しサイズが上がるとホレてチューブもガンガン巻く波が

たつみたいです!!

皆様も、良い波に出会えることを願っております!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする