スリランカ・食事の際の注意点とは?!

今現在、私はコロンボのホテルにいます~

コロンボは、スリランカの中でも都市部に当たり、

とても雑多な雰囲気で、アジアのごちゃごちゃした感じのところです(#^^#)

今日は、買い物をコロンボのマーケットでガッツリとして、

夜は余ったお金で少し豪華なところに食べに行こうかな~と二人でお話をしていました~(#^^#)

ところで、スリランカでの食事の際、

その金額をみなさんは当たり前に払っていませんか?

実は、その金額の裏側には、驚くべき事実がありました!

ってなわけで、スリランカの食事でどのくらいの金額がかかったのかを

今後は詳しく書いていこうと思います~( *´艸`)

はい、私は海外旅行に来て一番の課題とは、

食事と交通費をどのようにして安く済ませるのか

が非常に重要だと思っています。(笑)

ということで、どのくらいの食事代が

私たち夫婦でスリランカを旅行した時にかかったのか。

DSC_0837

↑↑到着した翌日、Hikkaduwaのレストランで食べたカレー。

金額に関してざっくりと言えば、やはり観光各向けのキレイ目なレストランは、

全体的に高くつきます

逆を言うと、地元のローカルの人々しか行かなさそうな

あまりキレイではない(?)ところは金額としては低く、

夫婦2人で食事と飲み物まで頼んで大体500円くらいの場所が多かったです!

量自体も、結構なボリュームで出てくるので、それだけで十分お腹いっぱいになります。

それでは、ここからが注意していただきたい点です。

しかし!やっぱりローカルプライスというものがどのレストランでもあるみたいで、

私たち夫婦はこんなものを発見しました。

写真、ちょっと見づらいかもしれませんが、

ア~ア~。お店の人、気づかれちまったね~。。

このお店は、美味しいフレッシュなフルーツジュースのお店で、

場所は、Hikkaduwaからバスで30分ほどのところにある、Galleという街にあります。

DSC_0128

↑↑フレッシュパイナップルのジュース。酸味と甘みが絶妙で、最高でした~(*’▽’)

金額自体もそこまで高くはないのですが、

メニューの写真に注目してください。

一つは英語表記のメニューで、もう一つは、現地の言語である、

シンハラ語で書かれたものです。

あれれ?シンハラ語の表記の方が、30パーセントくらい安くね?(笑)

最初にシンハラ語で書かれたメニューを読んでいたのですが、後からサッと英語で表記されたメニューを渡してきました!(笑)

そこで、すかさず妻がツッコミを入れました!( `ー´)ノ

「なんで、金額が違うの?!( ゚Д゚)」

そうです、

地元プライスがあるんです!(笑)

嫌な顔をして、メニューを元のシンハラ語表記のメニューに戻してきました。

それでも、お金を支払うときに、表記の金額よりも20ルピア高い金額を支払うように言われました。(‘ω’)

(地元のメニューが見つかっても、シンハラ語表記の金額より少し高めを払わせて来るところが面白い。)

はい、こんな愛嬌たっぷりのスリランカ人。(笑)

そこのあなた、バレてますよ( ^∀^)

食事について。

食事について、良心的なお店は、食事の金額は本当に安く済ませることができます。

また詳しく書いていきますね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする