スリランカ旅、1週間で旅した場所と、かかった費用まとめ

こんにちは、Taffy chanです〜

今日は、私たち夫婦が1週間のスリランカ滞在で、

  • どこに行ったのか

  • 費用はどのくらいかかったのか

を今回はまとめてみました。

これからスリランカに行こうとしている方は、

参考にしてください。( ^∀^)

この宿は、一泊二人で1,610円!

結果的に、二人で総額50,000円で余裕でした!

現地に着いたとき、いくら両替すれば、足りるのか気になりますよね〜。。

私は妻にお金の管理は任せっきりですが、( ^∀^)

空港に着いたとき、

『スリランカの滞在費用が果たしていくらかかるのか』

がわからなかったので、

迷いましたね〜。

なので、とりあえず

空港に到着して、私たちは、50000円を両替しました!

結果として50000円で一週間、余裕で過ごすことができましたよ!!

50,000円=80,710ルピア(2019年2月11日午後10時現在)

もしもお金が足りなくなったら、

街などに行けば

銀行など、両替できるところはあるのですが、

田舎の方に滞在すると、両替できるところがなかなか無いんです。。

都心には、両替ができるところや、銀行が多い。

どんな場所に泊まったの?

初日 空港近く(空港から、タクシーで約10分)

とりあえず、空港に到着したのが深夜の遅い時間だったので、

宿は空港近くにとりました。

この宿だけ、とりあえず日本から予約をしていきました。

※基本的に、日本では私たちは初日の宿しかとりません。

あとは、現地で次の日の宿をブッキングします。

金額としては、

一泊:二人で4621ルピア(約2,860円)、朝食・Wi-Fi付き。

二日目、三日目

ヒッカドゥワ Hikkaduwa

街自体はリゾート地として賑わっていながら、

どこかスローな雰囲気が流れる街でした。

観光客も多いですが、ビーチリゾートらしく

のんびりと過ごしている人が多いです。

サーフスポットとしても有名なので、サーファーも多かったです。

波質は、その日はかなりサイズがあって、ダブルオーバーくらいの波でした。

パワーもあってホレているので、あまり初心者向きとは言えないかもしれないです。

二泊:二人で約9118ルピア(約5,654円)、朝食・Wi-Fi付き。(Wi-Fiほとんど通じませんでした。)

宿名:Casa lanka

ビーチフロントながら、お手頃な価格で滞在できる宿でした。

宿もキレイな感じで、個人的には満足できる宿でした。

四日目

ミディガマ Midigama

宿名:Dolce vita surf rest point

一泊:二人で2600ルピア(約1,612円)朝食なし、Wi-Fiあり。

写真を見ての通り、

かなりシンプルな作りにはなっていますが、

一人一泊約800円という、驚異的なコスパを誇ります。

しかも、wi-fiあり!

さらに、近くのビーチ沿いに一軒だけ露店があるのですが、

そこのバナナパンケーキ。

めちゃくちゃ美味しいんです。

しかも、安い!!

他にも、フードが色々と充実していて、

今回の旅で一番のお気に入りの場所です。

観光客も割と多かった方だと思いますが、

現地はほとんど観光地化されていないので、

すごくいい感じでした。

波質としては、ヒッカドゥワと違って

メローで優しい波質だったので、

ロングボードやファンボードのほうが楽しめます。

ちなみに、私は現地で長めのファンボードを借りてサーフィンしました。

波も良い。


5日目 ウナワツナ Unawatuna

一泊:二人で6400ルピア(約3,967円)

ウナワツナではサーフィンはしませんでしたが、

ゆっくりと海水浴を楽しむことができました。

街的には結構観光地ぽくなっていて、

ビーチにはお店がずらりと並んでいるので、

休憩に困ることはないです。

五日目になってくると、お金も余ってきたので、

少し値段が高めの宿を取ることができました(*^^)v

ちなみに、朝食なしです。

気になる5日間の宿代は?

合計で、22,739ルピア!(日本円で、14,099円)

ということで、宿代だけでもかなり抑えることができました。

最初と最後の方は結構贅沢な宿に泊まりましたが、

安い宿は探せばいくらでもあるので、

滞在費を削りたかったらもっと削ることもできます。

さらに、最後の方は結構私たちは食べ物などかなり贅沢をしましたし、

宿も、いつもより少しいいところを取りました。

食べ物に関して言えば、観光客用のレストランよりも

地元の人が行くような大衆食堂?のようなところの方が

たくさん食べれるし、美味しいので、

個人的にはそっちに行く方がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする