スリランカ Galleの見どころは、旧市街だけじゃない!!

こんばんわー(*’▽’)

なんか今日は、ふとスリランカのことを思い出していました。

本当に楽しくて、いろいろあったなあ~。

夫婦で楽しめたこともすごく良かったです!!

そんな今日は、スリランカの南部州にある街、『Galle』(ゴール)の観光について、

書いていこうと思います。

観光自体もしやすく、人当たりも皆よかったので、

あまり都会っぽくなくてオススメの場所です。

Galleはどんな街?

実際、Galleは、観光地としてもスリランカの中では、

比較的交通網も発達していて行きやすいところだし、

見所もなかなか多い町で、周りも結構ひらけているので、オススメです。

観光スポットの一部を紹介すると、

Galleで有名な観光スポットと言えば、

Galleの旧市街地です!!

スリランカといえば、東南アジアの雑多とした町の喧騒を楽しむという

私の勝手なイメージを持っていましたが、

街並みは西洋の街並みをそのまま持ってきたような感じで、

白を基調とした城下町といった雰囲気です。

海沿いには、広大な城跡が広がり、

かなり遠くの海まで水平線が広がっております。

昔の風貌そのままを見ることができます。

注意したい点は、とにかくサングラスは必須です!

かなり日差しと、その照り返しが強く、夫婦共々暑さでぐったりしました。。。

そして、城壁の中には、モダンでクラシックな街が今でも広がっています。

大きな木もあり、その下にできた日陰で休憩を取っている人も多かったです。

気候自体、スリランカへ行った時期は1月終わりでしたが、

カラッとしているので、日陰は涼しいです。

しばらく歩くと暑さでぐったりしたので、

近くのCafeへ。

Galle旧市街の食べ物飲み物の金額としては、

観光地ということもあってか、スリランカの従来の物価よりも、

フードの設定金額は高いです。

実際に、街には西洋人が非常に多く、

皆、観光をしておりました。

さあ、旧市街以外の観光地を探してみよう!

こんな感じの旧市街ですが、

他にも観光できるところはあります!

さあ、ここからが私たちの本領発揮です。

実際に、私たち夫婦は、

声をかけてきてくれたスリランカの人に案内を頼みました。(笑)

生の魚が露店で販売されていて、

その光景が珍しいと思い写真を撮っていたところ、

声をかけてきてくれました。

その人と、英語で話をしながら街中を案内してもらいました。( ^∀^)

こうやって、気軽に場所を聞く事ができるのも、スリランカの醍醐味(*”▽”)

私たちが出会った人々は、みんな快く案内を引き受けてくれて、

いろいろと教えてもらいました。運がいいだけかもしれないので、

そこは個人個人で人を見極めてください。笑

見極めなければいけないところは、

海外旅行なのでね、沢山ありますよ。特に、マーケットとかは、

東南アジアなんかだと、日本人はお金持ちに思われているので、

相場よりもかなり高い金額で交渉してきますよね?

ちなみに、スリランカで言えば、紅茶の直売所!!

基本は、間違いなくぼったくりです。買う必要ないです。

はっきり断りましょう。

スリランカで案内をしてくれた人が

口を揃えてそのように言っていたので、まず間違いないでしょう。。

さらに、こんな食堂にも連れて行ってもらいました。

現地の人が利用するレストランのようで、

スリランカの人以外、当然ながら他の国の人なんていませんでした。

金額も安いので、たっぷりと注文できて、

もう満腹。(笑)

さらに、地元の野菜のマーケットにも連れて行ってくれて、、、

Galle市内にも、これだけ見どころがあります。

バスターミナルがある街なので、人の往来も結構多いですが、

最大の都市・Colomboよりもみんな商売人はがっついてこないので、

居心地もそんなに悪くないです。

私たちは、その野菜のマーケットでバナナを購入して食べました。

スリランカには、バナナにも種類があり、

それぞれによって、微妙に味が違います。

個人的には、日本やオーストラリアのバナナよりも

美味しいのでスリランカのバナナの方が好きです!

味が濃い感じがします。

まとめ

いかがでしょうか?

実際、観光地は色々なガイドブックに載っていますが、

ガイドブックに記載のない場所に行くのも、私たちは好きで、

そこでの出会いや発見がすごく面白かったりします。

また、そんな感じの場所を、自分の力で探すことも楽しいですが、

ぜひ地元の人にも、見どころを聞いてみてください!

意外と知らない、穴場スポットがあるかもしれませんね。

それでは、またね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする