スリランカ、穴場を見つける大事なコツは?

こんにちは〜!

海外旅行に行った時、皆さんはどのように観光する場所を選んでいますか?

巷には多くの本があって、オススメの観光地やここは絶対に外せない!

と言ったようなガイドブックが、ズラリ。

そのようなガイドブックもとても参考になるし、現地に持って行って、

宿泊先で次に行くところは、どこがいいかな〜みたいに、検討するのも

いいと思います。

が、しかし!!

私たち夫婦は、そのような感じのガイドブックは、全くと行っていいほど、

使いません!笑

次はここに行こう!次は、ここだ!

と言った感じで、『次にここに行って、これをしなければならない』

というものに縛れられるのが、嫌いなんです。

じゃあ、どういう感じで行くところを決めてるの?

って言うと、まずは行く都市を決めてから動き出します。

その都市に入って、行く場所をどう決めていくかと言うと、、、

思い切って、現地の人に聞きます。

というわけで、今日は私たちがスリランカを、

ガイドブック無しでどのように旅をしてきたのか

を記事にしてみました。

誰も行ったこともないような穴場を見つけよう!!

ちなみに、結構私たちはどこに旅に出てもこんな感じで動いています。

そうすると、いつも思いがけない喜びに出会えたり、良い発見があります。

実際に穴場スポットを見つけるためには、いろんな方法があると思います。

例えば、その街を自由気ままに歩いてみたり、

トゥクトゥクのドライバーさんにお金を上乗せして

観光スポットを案内してもらったり、、。

ぼったくりに合わないように、注意!!

色々な方法があると思いますが、

私が一番オススメしたいのは、

お店の店員さんに聞いてみる!

まぁ、ある程度の運と、自己責任は必要ですが、(変な場所に行く可能性もある?笑)

実際に聞いてみると、

この写真の人がいろいろと連れて行ってくれました。

観光スポットではなく、実際にスリランカの人々しかいないところに連れて行ってくれました!!

例えば、地元の人しか来ないよ?

と言われ、その人に着いて行くと、

そこには本当に私たちが行きたかった、大衆食堂のような場所がありました。

あんまり衛生的ではない感じが、また東南アジアっぽくて好きです〜!笑

しかも、料理もかなりたくさん注文したのに、値段もそこまでしませんでした!

確か、10品くらい頼んで、1,000円しなかったです。

当然、周囲に日本人や外国人の人はいないので、

周りのスリランカの人からはとても注目されていました。

それも、個人的には結構気持ちが良かったような…笑

このブログも、いろいろとスリランカの情報を書いていますので、

参考にしてみてください(*^^)v

さらに、連れて行ってもらったのが地元市民が買い物をするマーケット!

ここでは迷わずにバナナを購入!!

さらにさらに、紅茶!

スリランカのセイロンティーはかなり有名ですが、

観光客向けのティーショップやお土産やさんなどでは、

スリランカにしてはかなり高い金額で売られています。

これは、完全に観光客プライスです。

もし、お土産にティーを考えているなら、

高い紅茶を買わされないように注意を!

その話を現地で聞いて、souvenir shopで買うのも、

バカバカしくなってしまったため、

私たちは立ち寄った雑貨屋さんの店員さんに

『どこか安い紅茶屋さんを探しているんですけど、どこか知りませんか?』

『周りの紅茶屋さんが高すぎて、、、。』

と聞くと、なんとその場所まで案内してくれました。

その場所は、街の中にあり、古い白塗りの建物でオープンな感じで、

ツボに茶葉を入れてあったり、

ヨーグルトもツボの中で作ってありました。

また、先ほどの大衆食堂に連れて行ってくれた人は、

お土産屋さんで買う紅茶は高すぎるし、スーパーで買う紅茶はおいしくない

と教えてくれました。

紅茶ファクトリーで紅茶を購入すると、通常の金額の10倍するみたいです。

実際に買った紅茶はこんな感じ。↓

ビニール袋に、直接茶葉を入れて売ってくれました。

茶葉は粒粒な感じで、

値段は100グラムで100ルピア(約60円)でした!

お土産用に1キロ以上買ってしまいました、、、。(笑)

日本に帰ってきて飲んでみると、

まずは香りがすごく良い!

そして、4回くらい同じ茶葉で、美味しいティーを出すことができます。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか??

海外ですので、注意しなければならないことも多いでしょうが、

やはり、人との出会いやつながりも大切にして、海外を楽しめば、

より良い旅になるのではないでしょか?(*^^)v

もしも、これを買えとか、

買わないとここから帰さないぞとか言われたら、

堂々と断れば良いのです!

やっぱり日本人て、良い人精神というか、外面が良いような感じで、

周囲の人に悪い印象を与えたくないのか、

海外で押し売りみたいなのに会うと、断りづらいことが多いのかな?

それは、まじで堂々と断りましょう。

断ることを覚えることで、その出費をもっと良いことに使えるので。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする