スリランカ・安宿の値段とクオリティ、そして注意点とは??

はい〜こんにちわーー!!

今日は晴れてる宮崎県、当然私は仕事です〜。笑

スリランカについて調べている皆様、

ところで、宿が安いのはイメージが湧くと思いますけど、

肝心の宿のクオリティって気になりませんか?

もしかして、安いからって、極端にボロボロの宿をイメージしてませんか??

ということで、

今日書いていくのは、昨日からの続きで、スリランカの安宿の値段がいくらで、どんなクオリティなのか?

宿がどんな様子かを知っておけば、心の準備ができる人もいるかもしれませんね!

まあ、泊まってしまえば、そこはもう楽園ですよ(?)

今日は、4日目からの宿と、その注意点をお話ししますねーー!!

朝起きたら、バナナを誰かが食べていました。

はい、その見出しの通りなんですけど。笑

急に話がそれますが、

スリランカって、実はバナナが美味しくて結構安いんです!(^ ^)

たくさんのバナナが売られています。

聞いた話によると、出回るバナナは主に、レモンバナナ、シュガーバナナ。

それぞれ味に特徴があって、

レモンバナナはあとから少し酸っぱいような酸味が特徴的です。

シュガーは、甘みが特徴的。

個人的に好みはレモンバナナなのですが、、

そんなバナナがよく露店に並べられており、どこでも購入することができます。

だいたい1キロ(一房程度)で、100ルピア(60円程)です。

まぁバナナの紹介はこのくらいにして、、

宿の近くの道端に売っているバナナが、とても美味しそうだったので、

1房買ったんです。

それで、明日の朝ごはんに食べよーねーって、話してたのに、、、。

バナナが、朝起きたら床の上に食い散らかされておりました。笑

未だに犯人がわかりませんが、たぶん宿で飼われてた猫がやったんでしょうと推測。( ◠‿◠ )

窓を開けっ放しで寝てたから、バナナの匂いで入ってきたのかもしれないですね。

皆さんも、スリランカへ行った時、宿に泊まった際には、

窓を開けた状態で、バナナをお部屋の中にそのまま置かないようにしましょう。(笑)

ちなみに、猿も野生で生息しているので、そいつらの可能性もあるようです。

この出来事は、HIKKADUWAであった事件です。

今日は、私たちが泊まったmirigamaの安宿の紹介をします。

どうですか、見た感じは??

まあ、人によって好き嫌いはあると思うんですが、、、。

私は、スリランカでこの宿が一番好きでした。

なんとなく、ホテルホテルしてなくて、現地に溶け込んでる感じが好きです。( *´艸`)

気になるお値段は、2600ルピア(約1,600円)でした。

ちなみにシャワーは水しか出なくて、テレビも冷蔵庫もありません。

Wi-Fiはサクサクでしたよ(*”▽”)

ビーチまでは、歩いて30秒です。

朝食はつきませんでしたが、

バナナパンケーキ。mirigamaのビーチサイドに露店が出ています。本当にこのお店は最高!!

前日に見つけたお店でバナナパンケーキを食べました。これがまた絶品!!

そのバナナパンケーキを食べながら海をしばらく見て、のんびり過ごすには本当に最高の場所です。

まとめ

ということで、宿の大まかなイメージと、

簡単な注意点について、書きました。

夜、網戸はないですが、

気持ちよーく寝ることができたので、

1月終わりから2月の時期は乾燥しててオススメです。

ちなみにですが、都市部(コロンボ)の宿とMirigamaの宿を比べて、

はっきり言って、コロンボの宿は、クオリティが悪いです!

というのも、私たちがコロンボでとった宿は、窓が一切ありませんでした。。。

それでいて、フロントに出ても、一切窓なしです。

自然が好きな私たち夫婦にとって、閉じ込められた感覚にあって、喧嘩が増えたのを覚えています。。。

窓のあるなしも、見た方がいいかもしれないですね。

窓なしの宿って、かなりレアですが。( ^∀^)

ってなわけで、コメントなどいただけると本当にありがたいです。

今日も読んでいただき、ありがとうございました( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする