日本からスリランカに持って行った方が良いもの、いらないものまとめ!!

こんちわ!!

今日は、私たちがスリランカに滞在して、

これ持って行った方が良かったね〜

とか、

これはいらなかったね〜

というものを紹介していきます(*^^)v

日本から持っていけば、滞在費の節約になります。

意外と、海外に行くまで、

本当にいるものといらないものがわからないことって、あったりしますよね?

それに、わざわざ海外旅行だけのために、

色々と用意するのはお金がもったいないですよ。

そんな悩みを持っている人に参考になれば嬉しいです。

ということで、

レッツゴーーー!(^^)

日本から持っていくべきものは何?

まずは、絶対に持っていくべきものについて、記載をしていきます。

これは、必ずご自身の持っていくリストに入れといてください( ^∀^)

①しっかりとしたサンダル(ビーチサンダルでない)

現地の人は、ほとんどサンダルです。

はい、という事でまず持っていけば良かったーー!

と強く思ったのが、しっかりとしたサンダルです!

現地でも買うことはできますが、

サンダルを使って移動する頻度がすごく多いので、

ビーチサンダルではないサンダルがいいです。

特に、街中を移動するときにビーチサンダルだと、

砂ぼこりで足も汚れるし、人差し指と親指の間に靴擦れができるしで

結構大変でした。

なので、親指と人差し指の間に何もないサンダルがオススメです。

クロックスはあんまりオススメしません。移動しずらいかも。

それだけ、よく歩くと思います。

②歩きやすいスニーカー

これは、あったほうが良いということで書かせていただきますが、

コンクリートの上は、靴の方がよいでしょう。

上記のサンダルと同様で、

街中だと、けっこうホコリなどがすごく

道もあまりキレイとは言えないので、

靴を履いて移動するのであれば、

移動しやすいという点で、

運動するときに使うスニーカーが一番適しています。

③日焼け止め

これは、絶対に持って行ってくださいレベルです。

赤道に近い国なので、一日外にいるだけで、

腕など露出している部分は、

あっという間に日焼けしてしまいます。(笑)

特に、海沿い!!

油断していると、あっという間に体が真っ黒になりますよ!

サーフィンをやる時なんかもそうですが、

肌の弱い人だと、日差しですぐに赤くなってしまい、

あとから皮がむけてきます(´;ω;`)

そのような方は、必ず日焼け止めクリームを持参していきましょう。

私がスリランカで使っていた日焼け止め、紹介しておきます( ^∀^)

ウォータープルーフの日焼け止めクリームで、

このクリームは汗をかいても本当に落ちにくかったです。

1日目は塗って過ごして、2日目は塗らずに過ごしましたが、

塗った日と塗ってない日とで全く違っていたので、日焼け止めクリームの効果、

結構びっくりしました。笑

水の中でも全然落ちないので、日焼け知らずでした。↓↓

持っていかなくてもいいものは?

それは、、、

電圧変換用のコンセント

意外と持って行かなくても平気なのが、変換用のコンセントでした。

日本でわざわざ高い金額を出さなくても良かったです。。。(#^.^#)

成田空港で出国前に、世界各国で使えるものを2,500円ほどで購入したのですが、

それをスリランカで一度も使いませんでした。(笑)

基本的に、変換用のプラグは、宿がお部屋に用意してくれていて、

そのまま使えます。(笑)

どの部屋にも、どこでも変換プラグはありました。

万が一、変換プラグがなくても、

近くの町にマーケットなど、お店を路上に出しているところがあれば、

そのお店に変換プラグが安く売っているので、

日本で購入せずに、そちらで購入するのをおススメします。(#^.^#)

まとめ

日本から持っていける荷物は、極力日本から持って行くのがおススメです。

日焼け止めクリームは現地で買うと、高くはありませんが、

日本から荷物として持って行っても、そんなに荷物にならないはず。

サンダルも、日本で買ったもののほうがモノがよく、

靴擦れなどもしないです。

準備も楽しんでやっていきましょー(*^^)v

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする